TOP スペシャルコンテンツ 全国24レース場巡り

全国24レース場巡り!

全国24のレース場には、それぞれ地元登録の選手がいる。
ここでは、各地区を代表する期待のレーサーをご紹介。
さあ、あなたのイチ押しレーサーは誰にする?
※平均ST=平均スタートタイミング
※集計期間 : 2015/1/1 ~ 2015/12/31

お楽しみ方

リストの中の各レース場を選ぶと、
各場の期待のレーサーをナビゲート!

レース場名を選ぶと地元登録の選手までナビゲート!

写真

桐生 群馬

上村 純一●1980年5月27日生まれ A型

四輪レースカートのレーシングドライバーからボートレーサーに転向。レーサーの受験資格が「30歳まで」ということから、年齢面で最後のチャンスとしてボートへの挑戦を決意。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.92 44.79 0.13 62 54 259

▲ページトップへ

写真

戸田 埼玉

中田 友也●1990年3月23日生まれ AB型

2010年11月、戸田でデビュー。翌年11月、蒲郡において、デビュー初勝利。レーススタイルは「スピードをもって外から外へ」というほど、外のコースが得意。早いスタートが決まっていたら狙い時だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.63 24.24 0.17 24 24 198

▲ページトップへ

写真

江戸川 東京

三浦 敬太●1987年5月20日生まれ B型

ボートレーサーでは珍しい北海道出身、前職はピアノ調律師という異色の経歴を持つ。デビュー戦でいきなり初勝利を挙げスター候補に。2コースからの1着率が高く、攻めは要注目。劇的な成長を予感させる逸材だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.43 33.33 0.14 45 42 261

▲ページトップへ

写真

平和島 東京

伏田 裕隆●1983年1月29日生まれ O型

高校の体育の先生からボートレーサーへ。27歳でデビューした遅咲きの選手だが、東京支部の同世代の中でもメキメキと実績を積み上げてきている。スタート力もあり、舟券を狙う時は、2〜4コースが魅力的だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.75 29.88 0.16 21 28 164

▲ページトップへ

写真

多摩川 東京

永井 彪也●1992年11月15日生まれ A型

工業関係の高校を卒業後、一度は就職したが、自分には合わないと思ったことから、やまと学校の門を叩く。2014年に地元スター候補に昇格!出走表に地元スター候補の星マークが付くことから、「俺がやらなきゃ!」と抱負を語る。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.97 31.55 0.17 30 29 187

▲ページトップへ

写真

浜名湖 静岡

渡邊 裕貴●1986年2月28日生まれ B型

周りに左右されず、自分の力でやれる仕事をしたい!大学時代にそう思ったのが、ボートレーサーを目指したきっかけだ。現在はスタート力もアップし、やまと学校時代に比べると格段に前進。勝てる感覚も徐々に身に付いてきた。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.28 24.26 0.19 20 21 169

▲ページトップへ

写真

蒲郡 愛知

佐藤 博亮●1988年4月1日生まれ A型

2013年11月、蒲郡で初出走し3着、2節目には水神祭。今後の目標はメンタルを強くし、師匠である平本真之選手と磯部誠選手のようなA級のレーサーに早くなること。持ち前のターンセンスはキラリと光るものがある。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.53 27.50 0.15 19 25 160

▲ページトップへ

写真

常滑 愛知

中山 雄太●1984年7月10日生まれ A型

2011年5月、常滑でデビュー。2014年1月、地元常滑での正月レースで初優勝。外から攻めるレーススタイルを心掛けていたことが実る。勝率が上がり続けている、押さえておきたいレーサー。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.01 28.65 0.18 27 26 185

▲ページトップへ

写真

津 三重

乃村 康友●1983年1月26日生まれ O型

元全日本ロードレースのチャンピオンから、ボートレーサーに華麗なる転身。ボートコントロールにもそのセンスが光る。勝負事が大好きで、まずはSGに出るのが目標。スタート力を含め、伸びシロの大きい選手だけに目が離せない存在だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.06 31.74 0.19 31 42 230

▲ページトップへ

写真

三国 福井

酒井 俊弘●1984年2月27日生まれ A型

練習に積極的に参加し、マジメに取り組んでいる姿が印象的。現在のB1級から、徐々に上を狙っていける素材だ。相手が誰であろうと、レース中に遠慮は禁物。ガツンとした走りで、常に舟券に絡む活躍を見せてほしい。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.22 21.56 0.16 14 22 167

▲ページトップへ

写真

びわこ 滋賀

丸野 一樹●1991年8月5日生まれ A型

2011年11月、びわこでデビュー。地元水面で見事初出走初勝利をかざる。「滋賀支部といえば丸野」といわれるような看板選手になるのが夢。1マークの展開に応じた柔軟なハンドルさばきはベテラン並み。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.83 42.58 0.15 41 48 209

▲ページトップへ

写真

住之江 大阪

小野 達哉●1986年1月24日生まれ A型

2011年5月、住之江のデビュー戦で1着に。ボートレーサーの魅力は、「自分の力で上に上がっていけるところ」と意気込みを見せる。「妥協しないあきらめない気持ち」を全面に出す走りに注目。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.98 44.63 0.15 58 50 242

▲ページトップへ

写真

尼崎 兵庫

森 智也●1989年5月15日生まれ B型

やまと学校リーグ戦ではNo.1の勝率、高レベルの素質の持ち主。切れのあるハンドル捌きはまさにダイヤの原石。戦い方は、スローよりもダッシュ戦の方が魅力。着実に勝率を上げてきており、道中のさばきも上達している。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.02 24.86 0.17 18 27 181

▲ページトップへ

写真

鳴門 徳島

河野 大●1988年6月27日生まれ B型

成長著しい期待のホープ。ここ最近は安定して3連単舟券への貢献回数も増加。予選を突破する回数も増えている。すべてにおいてバランス良く成長しており、5・6着が減ればA級定着も見えてきそうだ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.76 40.13 0.15 28 33 152

▲ページトップへ

写真

丸亀 香川

近江 翔吾●1993年2月18日生まれ O型

2013年12月に鳴門で、同期で一番乗りの初優勝。課題だった勝負強さを身につけた。まだ気負い過ぎる面もあるが、総合的な技量では同世代の中でもピカイチ!メンタルが強くなれば、A1級に定着するのも間違いないだろう。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.88 39.76 0.17 49 52 254

▲ページトップへ

写真

児島 岡山

白神 優●1990年8月30日生まれ O型

2014年2月に下関でデビュー初優出。大敗も少なくなって、B1級に定着しつつある。以前は自動車の整備士を目指していたことも心強い。まだダッシュ戦が中心だが、スローからのレースに慣れてくれば、勝率はさらにアップするはずだ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.13 31.79 0.15 20 35 173

▲ページトップへ

写真

宮島 広島

井内 将太郎●1984年12月16日生まれ O型

モトクロス界のスターがボートレーサーに転身。2010年5月に宮島でデビューし、同年8月に初1着をとる。先輩レーサーにマークされるほど、バランス感覚に優れている。整備力を磨けば成績アップ間違いなし。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
4.68 30.39 0.20 30 32 204

▲ページトップへ

写真

徳山 山口

森永 隆●1988年2月26日生まれ B型

技術系の大学院まで学んだ高学歴レーサー。レースセンスもなかなかで、展開を突いての差し勝負が主なレースパターン。堅実なスタート、急上昇中のターン力など、今後の活躍から目が離せそうにない。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.24 30.98 0.16 18 39 184

▲ページトップへ

写真

下関 山口

芦村 幸香●1985年6月9日生まれ B型

10代の頃に東京・原宿でスカウトされファッションモデルとして活動する。しかし、子どものときから憧れていたボートレーサーに挑戦。2011年11月、下関でデビュー。女子戦が中心だが、着実に成長している。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
3.55 18.03 0.22 3 19 122

▲ページトップへ

写真

若松 福岡

竹井 貴史●1991年7月3日生まれ AB型

111期のやまと学校での勝率1位。高校まではサッカーの名門校で活躍、姉はボートレーサーの竹井奈美。デビュー後すぐにB1級に上がり、着実に力をつけている。特に、その旋回スタイルは抜群。これから大注目の選手。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.06 32.11 0.17 37 33 218

▲ページトップへ

写真

芦屋 福岡

鶴田 勇雄●1989年3月17日生まれ A型

舟券に貢献する回数は着実に増えており、メキメキと頭角を表している。展開を突いたり、道中での追い上げが利く。いつかはSG優勝を目指して!スターの素質を十分に備えた、芦屋の期待の星だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.02 30.11 0.18 20 36 186

▲ページトップへ

写真

福岡 福岡

小林 遼太●1990年10月19日生まれ A型

福岡の準地元スター候補にも選ばれた、現在急成長中の有望選手。走りに少々ムラがあり、イン戦に不安はあるが、エンジンの仕上がり次第では要注意。将来の活躍が非常に楽しみなレーサーだ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.00 29.85 0.18 23 37 201

▲ページトップへ

写真

唐津 佐賀

高田 明●1985年4月23日生まれ O型

スタートがうまく、枠なりになっても器用さを発揮する注目の若手。師匠は峰竜太選手。先輩は山田康二選手や上野真之介選手と環境に恵まれている。これから差しの技術を磨けば、A1級も狙える。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
5.90 40.21 0.18 48 30 194

▲ページトップへ

写真

大村 長崎

村上 遼●1992年6月3日生まれ AB型

準地元スター候補にふさわしい、抜群のコーナースピードを誇る。まくり差しのハンドルも見もの。攻めのレースは毎期のように事故点との戦いだが、無傷の状態なら大いに狙える。A2級まで急成長した実力は、まさに本物だ。

勝率 2連率(%) 平均ST 1着回数 2着回数 出走回数
6.07 43.84 0.16 56 33 203

▲ページトップへ

ページトップへ